溝渕 ゆう子

油性マジック画家

Yuko Mizobuchi

【略 歴】

東京都 在住

香川県高松市出身

  • 大阪デザイナー専門学校卒業後 即フリーランスの画家として活動を開始。
  • 油性マジック画家として、大阪 東京 高松 NY LAなどで展覧会開催。更に欧州や台湾など他国にも活動の場を広げるべく国際的に活動中。
  • 近年、木板を直接彫り込んでマジックインクや墨汁、日本画顔料等を用いて着色する独自の表現手法を確立。
  • 生命体の誰もが持ち得る太古からの記憶を呼び起こし、想像する力を目覚めさせることが真の芸術の目的と確信して日々制作に励んでいる。
  • 【近年の主な展示歴】

  • 2021年11月|『ワンピース倶楽部展 Vol'14「はじめてかもしれない」』【3331 Arts Chiyoda】主催:ワンピース倶楽部
  • 2021年10月|『Embodying Masonic Values』【the Masonic Temple Museum】U.S. PA
  • 2020年9月|『ブルン!展』個展 【BrainBrunnGALLERY】東京都八王子市
  • 2020年6月|『Strange Figurations』【Limner Gallery】U.S. NY ※オンライン
  • 2019年12月|『HOLIDAY SMALL WORKS』【Limner Gallery】U.S. NY
  • 2019年8月|『Artrates JAPAN』【Hive gallery】U.S.LA
  • 2019年6月|『Tokyo International Art Fair 2019』主催:GAA ベルサール六本木
  • 2018年3月|『Emerging Artists 2018』【Limner Gallery】 U.S. NY
  • 2017年3月|『Women's Works 30th Anniversary』【Old Courthouse Arts Center South Gallery】NACC主催 U.S. IL
  • 2016年10月|インターアート7セレクション『コレクターとコレクション』 【ano ano galerie】
  • 2016年9月|『AFAF AWARDS 2016』【福岡アジア美術館8階交流ギャラリー】
  • 2016年8月|『ワンピース倶楽部展 Vol'9「はじめてかもしれない」』【3331 Arts Chiyoda】主催:ワンピース倶楽部
  • 2016年8月|『Lust for Life Works inspired by Frida Kahlo』【MENIER GALLERY】UK London

【作 品】


《変幻するブルン族の少女》

H36.4 x W51.5 x D2(cm)/油性マジックインク、水性カラーインク、日本画顔料、墨/木板彫(2021)


《The opportunist #2 コウモリ男》

H72.8 x W51.5 x D2(cm)/油性マジックインク、水性カラーインク、日本画顔料、墨/木板彫(2020)


《生命の輝き》

H103 x W145.6 x D3(cm)/油性マジックインク、水性カラーインク、日本画顔料、墨/木板彫(2019)


《光刺す場所へ》

H72.8 x W51.5 x D2(cm)/油性マジックインク、水性カラーインク、日本画顔料、墨/木板彫(2019)




※常設展示作家の作品は1Fにて展示販売させて戴いています
※ページ内に掲載されている作品は既に売却済の場合がございます
掲載作品に関したご詳細はメールまたは直接お電話にてお問い合わせください