アーティスト紹介 JUMPEI TAINAKA タイナカジュンペイ|BrainBrunnGALLERY|ブレインブルンギャラリー

タイナカ ジュンペイ

時間と空間を旅する写真家

JUMPEI TAINAKA

Biography

17歳の時にスウィフト作『ガリヴァー旅行記』に触れてから文学に没頭。欧州に強烈な憧れを抱くようになる。
そこから神話、宗教、文学、哲学、歴史、絵画を貪るように学び、20歳の時についにドイツへの留学を実現。
滞在中に100都市は見なければと目標を打ち立て、ドイツの主要都市から小さな村々までを訪ねる。
帰国して大学を卒業後、一度は会社員になるも、自身の中にマグマのようにたぎるロマンを何かの形で表現したいという夢を捨てきれず、創作活動の道へ。
言葉を書く執筆活動や言葉を吐き出す演劇を経て、言葉を必要とせずに直感的に完成する写真に傾倒し、生活の中心になっていく。
その後、留学中に知り合ったドイツ人女性と再会し結婚、30歳の時にドイツへ移住。
8年の結婚生活の後に道を分かつことになったが、現在もドイツ・ハンブルクを拠点に日本や世界を巡る。
様々な経験や想いを折り重ねた現在、「都市とは何か」「あなたは誰ですか」等、世界や人間の本質に迫る根源的なテーマに挑むべく、
ファインダー越しに見る世界に内包される膨大な言葉や情報を汲み取り、
シャッターを押す瞬間に至るまでの過程と物語を写真に収めながら、答えを探す旅を続けている。


初写真集『Undine』 デジタル写真集『狂武蔵-The Fight without Words』
映画 /『BOLT』『灰色の壁』『狂武蔵』『東京ドラゴン飯店』『恋の墓』他。
ドラマ『すじぼり』『おやじキャンプ飯』

作品


GOTHAM

New York USA 2018


Angel the middle finger

Frankfurt GERMANY 2019




※常設展示作家の作品は1Fにて展示販売させて戴いています
※掲載作品に関したご詳細はメールまたは直接お電話にてお問い合わせください